支援モデル1では、「発達」をキーワードに、親子関係、心と社会の関係から、教育文化を探究していきます。

事業内容

  • 2018年度